鼻炎対策ブログ(仮)


by touyokosennouta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

おきなわ

同期の女の子がタイに行き、そして同期の男たち(の一部)が韓国に行っているあいだ、沖縄に行ってきました。
インド、仙台(もこっそり行ったんだけど)に続き、卒業旅行第三弾にしてたぶんラストの旅行です。

初沖縄でしたが、行ったのは本島ではなく、八重山諸島といわれる島々から石垣島、西表島、波照間(はてるま)島に行ってきました。

初日は石垣島です。色々書くと長くなりそうなので一日一出来事で。
夜、民謡ショーをやってる飲み屋に行きました。ガイドマップによるとそのあたりには民謡ショーをやっているお店は4軒あって、紹介文を見ただけではどのお店がいいとか分からなかったので、適当に行ってみることにしました。
とはいえ、店内の雰囲気が分からず、外から見た分にはちょっと怪しげなので、扉を開けてちょっと覗いたところ、一軒目はお客さんがおらずえらく閑散としていたのでこっそりと退散。二軒目はえらくにぎわっていたのでこの店にしました。とは言えそこにいたお客さんはほとんどが同じ団体のツアー客だったけど。
そのお店ではお酒orジュースが二杯飲めて、かつ民謡ショーが見れて2000円でした。まあ安いっちゃ安いのかな。民謡ショーとは言ってしまえば三線と唄のライブです。太鼓もあって、締め太鼓とそれに垂直になるように横に倒した和太鼓を使って演奏する曲もありました。なかなか華麗なバチさばきでした。
マイクのせいで声が膨張しちゃって、できたら地声で歌ってもらいたかったけど、まあ独特の沖縄のビブラート(?)が聴けてよかったです。知ってる曲では『花』『芭蕉布(一回OBOG総会で聴いただけだから知ってるとはいえないけど)』『涙そうそう』が演奏されました。
また阿波踊りは沖縄から伝播されたらしく(本当かどうかは定かじゃないけど)、リズミカルな曲ではお店の人や陽気なお客さんに踊って踊ってと促され、得意の阿波ステップを(嘘です)披露することとなりました。けっこう恥ずかしかったけど、お客さんみんなで踊り狂い(?)、民謡では唄と踊りは切り離せないんだなと改めて思いました。

二日目は西表島に行きました。
この日は星砂の浜と言うところにある、ペンション星の砂というところに泊まりました。名前のとおり、この砂浜の砂は星の形をしています。
そして何より透き通った海、海、海!
遠くから見るとエメラルドグリーンだったり、スカイブルーであったりする海が近くから見ると透明に変わり、ここまできれいな海というのは初めて見た気がします。海の水がそれほど冷たくなかったので浅瀬を少し歩いていくと、全身が青く光っている熱帯魚を発見!しかし海パンなどの海グッズを持ってくるのを忘れてしまってたので、どうするか迷ったけど、近くでおばあちゃんがやっていた売店でゴーグルを借り、トランクスいっちょで泳ぐことにしました。きれいな海、そしてきれいな魚たち。ほんと最高の気分でした。しかも沖縄(全部がそうかは分からないけど)の海水ってそれほどしょっぱくないんだよね。マイルドな塩加減というか。
そんなこんなで気分を良くしていた所になにやら不穏な影が。さっきまで照り輝いていた太陽が雲に隠れだし、ぽつぽつと雨が降ってきました。そして気付いたらありえんほどの豪雨と風。午後は川くだり(のぼりだけど)をし、山を登って有名な滝を見に行こうと思ってたけどやむなく断念。
そのかわり車を借りて西表島の道が続くところまで走ってみることにしました。思えば免許取得以来半年ぶりの運転でしたが、信号がほとんどなく、対向車もほとんどいないこの島の運転は非常にしやすく(イリオモテヤマネコ飛び出し注意の看板はそこらじゅうにありましたが)、その日は運転技術の向上に費やされましたとさ。

e0032546_22514991.jpg


e0032546_22523693.jpg


続く(予定)
[PR]
by touyokosennouta | 2006-03-19 22:56 |

悲しくてやりきれない

ありがとうございました。

早いんだかそうでもないのかよく分からないけど、ついにうちらの代も追い出されてしまいましたね。
昨日の全団追いコンでは、どうにか記憶を失くさずに飲み続けることができました。そのおかげでいろんな人と話ができて、でもっていろんな人にちやほやしてもらえて、個人的にすごく良い飲み会だったと思います。
金銭的な面、肉体的な面、色々きつかったと思うけど、それでもこうしてみんなが集まってくれるってところがこのサークルのいい面だよなとあらためて思いました。


家に帰って一人になると、でっかい喪失感に襲われました。
みんけん自体はなくならないけど、みんけんにいる自分、みんけん人としての自分ってのはなくなってしまうわけで、ほんとに何かを喪失した感じです。こういうのって残される方が辛いんじゃないかなって考えてたけど、出てく方のがつらいっすね。

こないだ見た『パッチギ!』っという映画で流れた、フォーククルセダーズというバンドの『悲しくてやりきれない』って曲がふと頭に浮かんで、この心境を表してるのはこの曲かと思い、音楽に救いを求め、購入してしまいました。そのとき気付いたけど、今日はかなり涼しくて、でもおととい、昨日と天気がよく、暖かくて、いい追いコン日和だったんだなと実感しました。

じゃあ、その曲の一節を・・・。


「胸にしみる 空のかがやき
 今日も遠くながめ 涙をながす

 悲しくて 悲しくて
 とても やりきれない
 このやるせない モヤモヤを
 だれかに告げようか」


そんな感じでモヤモヤしています。とりあえずこんだけモヤモヤしてしまうのは自分が頑張ってきた証拠だと前向きにとらえるようにしています。

どうもありがとうございました。
[PR]
by touyokosennouta | 2006-03-13 21:54 | みんけん