鼻炎対策ブログ(仮)


by touyokosennouta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

trick

この間の日曜日は留学生試験のバイトをしました。

そのときに監督をなさった先生が風邪を引いていて、で、その人が中国人の知り合いに聞いた話によると、風邪には薬などに頼るよりも、舌が火傷するかしないかぐらいのあつ~いお湯を大量に飲むといいらしいです。水分補給と体の内側からの暖め効果があるそうです。

という豆知識はともかく、この日の夜に日曜洋画劇場で(洋画だけじゃないじゃんというつっこみは無しで)トリックの特別版みたいなのがやってました。まあ仲間由紀恵主演のギャグ満載のミステリードラマです。

でもこの日はものすごく眠くて、だからじゃないけどそのバイト後にもあったらしい鍋にも行かなかったんだけど、というわけでtrickは録画しておいて後日見ました。

正直今回は事件のトリックがいまいちだった気がするけど(なんか別の推理でも事件が解決できそうな感じであんまり説得力がなかったような)、阿部寛と西村雅彦の格闘シーンがとても面白かったのです。二人がカメラのフレームから外に出て、誰もいなくなった画面に効果音と土ぼこり、およびカメラを揺さぶることで戦いの激しさを表現していたのが新しかったです。
特にドラマというものはその世界に引き込むためカメラの外の世界というものを視聴者に見せてはいけないと思うんだけど、その考えを取っ払ってしまったのがすごいなぁと思いました。こういう遊び心は大好きです。

それはさておき、trickにはもう一個期待してるものがありまして、それはエンディングテーマなんですけど、これまでのシリーズだと鬼束ちひろが歌ってて、そのしっとりした曲調や歌声と、ドラマの内容のギャップが好きで、エンディングが近づくにつれワクワクしてたんだけど、流れてきたのは別人の声でした。
でも聞こえてきたのは相変わらずの心に染みるような優しいメロディと、とても澄み切った素敵な声。
Joelleという女声アーティストの『ラッキー・マリア』という曲でした。ピエトロ・マスカーニという人の『アヴェ・マリア』をカヴァーしたそうで、あんまり詳しいことは分からないけど、クラシック音楽らしい音の進行は残りつつも、とっつきやすいアレンジになっていて、そのメロディと詞の世界、そしてなんといってもその歌声に引き込まれていきました。
うたのうまい人は、ブレスでさえもひとつの音にしてしまって、もちろんこの人も例外ではなく、彼女の発するもの全てが音楽を奏でているような感じでした。
でもただ綺麗というだけじゃなくどことなく危なげな感じもあり、要するに綺麗すぎる音楽、リズムが正確すぎる音楽は眠気を誘ってしまうけど、それを感じさせないある種の不完全さが彼女の歌声にはあり、それがなおさら曲の良さを引き出している感じでした。

Debut Album coming soon・・・ということらしいので期待して待ちます。


・・・それはさておき卒論が全く進まず。やばい。
[PR]
by touyokosennouta | 2005-11-16 22:42 | 音楽

トリエンナーレ

風邪をひいたっぽい。昨日の雨の中の八木節がききました。みんな大丈夫?
今日朝バイトがあってだいぶフラフラしましたが、たぶんそれは風邪のせいではなく二日酔いのせいだと思われるのが悲しいです。

さて、おととい(おとつい、はどこの方言?)横浜トリエンナーレ2005に行ってきました。

さまざまな芸術作品があり、ただ見るだけではなく、カメラを覗いたり、迷路を通り抜けたり、ブランコに乗ったり、卓球ができたり、巨大サッカーゲームが体験できたりと全身を使って感じながら楽しめるものが多かったです。

ただやはり時代の流れか、映像作品が多いのが気になりました。パソコンなどを使って映像で見せる作品は気の短い人や俺みたいに?気が長くても飽きっぽい人には不向きかなと思いました。

e0032546_12264250.jpg
左の絵にあるような、目つきの悪い女の子の絵で有名な奈良美智さんの作品群や(といってもそこにあったのは彼の絵ではなく、他の人が描いたこうした女の子の絵で埋め尽くされた部屋だったけど)、無造作に置かれた公衆電話の受話器をとると、色々な母親の、息子や娘へのメッセージが聞こえてきて、少しノスタルジックな?気持ちになるといった作品がけっこう印象に残ってます。

まあ一見の価値ありだと思うので、またマルチっぽい感じなのでマルチの気持ちが理解できる(かもしれない)ので時間がある人は行ってみると良いでしょう。
12月18日まで。

ちなみに会場は山下公園の上手(かみて)、すなわち、いつもうた会をやる方を下手(しもて、まあ左側って言ったほうがいいのかな、駅側から見た場合)だと考えた場合、の山下埠頭ってとこなんだけど、出張作品みたいなのが、なんといつもうた会を開催してるまさにその場所にあって、あそこに行くと地面から屋根が飛び出しています。最初見たときはかなりびっくりしました。だからどうしたって感じだけど。


で、昨日は文化の日であり横浜美術館の誕生日だったらしく、入館が無料だったので学祭に行く前にぷらっと行ってきました。
こっちの話のがメインの話になりそうだったんだけど、また長くなりそうなので気が向いたら書きます。
[PR]
by touyokosennouta | 2005-11-04 12:50 | 芸術?