鼻炎対策ブログ(仮)


by touyokosennouta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:お仕事( 4 )

終わった終わった

やっとこさ仕事が納まりました。

慣れない社会人ということもあり、かつ今年はほとんど休みなく(とは言え適当に息抜きしつつ)働き続けたので、長いようでほんとに長かった一年だなと感じてます。
卒論書いて、インド旅行に行った2006年の始まりが、もう5年も10年も前のことのように思えます。
いろんなことがあって、いろんなことで思い悩んで、いろんな人に助けられて、いろんな理不尽な思いをして、まぁ思い出そうとしてもうまく思い出せないし、振り返るのもめんどっちいので、とりあえずこのもやもやは放置しておこう。

まぁ特に書くこともないのだが、最近(てか昨日から)ミスチルのQというアルバムが急に聴きたくなって聴きだしました。
で、聴いてて思ったんだけど、このアルバムって冬の曲とか冬っぽい曲が多いよね。
「つよがり」とか「12月のセントラルパークブルース」とか「ロードムービー」とか「口笛」とか「安らげる場所」とか。別に冬にまつわる歌詞とか出てこなくてもメロディの感じがなんとなく冬っぽい気がします。あくまでも主観だけど。だから聴きたくなったのかもしれない。
ミスチルのアルバムの中では一番ふざけているような、前衛的な感じのアルバムだけど改めて聴くと名曲多いなって感じます。
着かず離れずが恋の術でも傍にいたいのよ ―――つよがり
とか
そしてどんな場面も二人で笑いながら ―――口笛
とか聴きながらホロッときてしまいました。
言葉(歌詞)の比重が大きい音楽がpopだとしても、桜井さんの歌詞はメロディがあるからこそこんなに心に染み入ってくるんだなと改めて実感。
言葉と音がお互いを補完しあっている。あなたにとって私もそうでありたい、とうまく(?)締めくくりつつ、今年もお疲れ様でした。
[PR]
by touyokosennouta | 2006-12-30 01:26 | お仕事
働くってどういうことだろう?

働くことと働かないことはどう違うだろうか?
働く理由は人それぞれだと思う。お金を稼ぐため、いい生活をしたいがため、やりたいことをするため、良い地位を得たいがため、などなど。
社会貢献のため、なんてのもある。

就活している時や、社会人なりたての頃は働くこと=社会貢献てのがピンと来なかった。
一体自分は何をやってるんだろう?社会の役に立つことなんて一つもしてやいないじゃないかと。

でも最近こう考えるようになった。

はたらくことは与えること。はたらかないことは与えられること、と。

例えば自動販売機があったとする。
そこには飲み物そのものを作る人、缶を作る人、その飲み物入りの缶を運ぶ人、自動販売機そのものを作る人、(他にもいると思うが)が存在して初めて自動販売機が自動販売機として成り立ち、また僕らが飲み物を飲むことが出来る。
つまり飲み物や缶、自販機を世の中に与える人がいて、初めて我々はそれを享受することが出来る。
有形無形問わず、サービスやコンサルティングなども同じことが言える。
音楽だって漫画だってそう。一リスナー、一読者で終わらず、じゃあ自分で良い音楽を、また、面白い漫画を世の中に提供しよう、これだって与えることだ。

働くこと=お金を稼ぐことと言ってしまえばそれまでだが、与えることと考えるとすごいことをしている気になれる。いや実際すごいことをしていると思う。
今までただの一消費者でしかなかった自分が人に対して何かを与えられるようになったのだから。
それはけして悪いことじゃないな、と思えるようになった。
そしてそれが社会貢献なんだろうなと思う。
働くことで経済を活性化しているから社会貢献しているんだと思うことも出来るけど、個人的にそんなことはどうでもよくて、お節介かもしれないけど誰かに何かを与えることで社会貢献していること、そしてそれに喜びを感じられる人間でいようと思った今日この頃。

最近はちょっと前向き志向です。

いろんな人が力を合わせて僕に与えてくれたミスチルのCDを聴きながらこの記事を書いてます。

見つからなかった探し物はポケットに入ってました。と
幸せなんかおそらくそんな感じでしょ!?って
君の声は教えてくれる

カップリングも良い曲です。
カラオケ行きたいなぁ。
[PR]
by touyokosennouta | 2006-11-15 00:39 | お仕事
前回ブログに書き込んでから早一ヶ月が経ってしまいました。ほんとに書き込む暇すらない!といった感じの毎日です。
ようやくゴールデンなウィーク到来ということでちょっと暇ができました。

かなりハードな職場です。営業が主体の会社なので、いかに物事を効率的に行い、いかに売り上げを出すかが重要視されます。これまでダラダラ大学生活を送っていた身としてはそのギャップにかなりさいなまれています。

これが俺の望んだ世界か?と自問自答したらきっと答えは否でしょう。
それはもっと仕事に慣れたとしても変わらないかもしれない。
ただその望んでいなかった世界に、自らを放り投げてみようってのが望みでもあったので、不満や不安は多々あるけど、まだまだ何も得ちゃいねぇってことで行けるところまで行ってみようかな。

これが僕の望んだ世界だ そして今も歩き続ける
不器用な 旅路の果てに 正しさを祈りながら
(Bump of Chicken「ロストマン」)


そんな感じかな。大切なのはやっぱ初心を見失わないことかな。何事においても。
[PR]
by touyokosennouta | 2006-05-03 01:29 | お仕事

大阪研修

に行ってきました。
非常に濃い5日間で、ほんともうくたくたです。

地域によって人間性ってほんと違うもので、大阪の人たちは自己紹介でかなり笑いを取りにはしっていました。また関東人よりもだいぶ積極的です。発言力抜群です。そのぶんグループで話し合っているときに口を挟む隙をなかなか見いだせなかったりしましたが。まあもちろん大阪の人の全員が全員そういう人だったわけじゃないけど。

座学がほとんどだったので日に日に眠気が増し、努力の甲斐もなくうとうとしっぱなしでした。

ちなみに東京10人、名古屋5人、大阪14人+3月途中入社の人3人の計32人の研修だったんだけど、みんな賢いなぁと感じました。そんなこともあって、たぶん俺がこの中じゃ一番不器用なんだろうけど、一番現実的な人間ではないなぁと感じた面もありました。
みんけんと言うわりと非常識な集団にいたせいもあってか、けっこう常識的な集団に思えて、というかみんな同じようなベクトルを持ってて、ちょっと自分だけ違う方向を向いてるベクトルを持ってるように思えて、うまくやってけるか多少不安になったけど、まあ何とかなるだろうという気はしているし、そのベクトルは持ち続けたいと思いました。てか何書いているか分からなくなってきた。

配属は東京の有楽町になりました。ひょっとしたらいつか転勤とかあるかもしれないけど、しばらくは関東近辺にいますのでだれが見てるか知らないけど、今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by touyokosennouta | 2006-04-01 01:12 | お仕事