鼻炎対策ブログ(仮)


by touyokosennouta
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:その他( 13 )

変化と不変と

そうとう久々にブログ更新。

最近無気力症候群です。
このへんが不変。大学入学以後年に一回は無気力状態に陥る時期がある。なぜか五月が多い。どうやって気持ちをあげてこうか、思案中。でもそうやって考えることすら億劫だったりする。

本日携帯変えました。
このへんが変化。ついにJ-PHONEの時代が幕を閉じ、SoftBankへ。ちょっとした飛び級です。

ブログの発信=想いの発信?

伝えることの取捨選択。それが難しい。
働くと、人に伝えなきゃならないことが増える。
今日あったできごと。今日聞いた話。今日思ったこと。その他もろもろ。
でも全てを伝える暇はないし、自信もない。
大事なことの取捨選択。それは難しい。

色々うまくまとまらず、何かに焦る。
何に焦っているのか、たぶん分かっていて、たぶん分かってない。

ブログの発信=想いの発信であるならば、発信したいことがまとまっていなかっただけ。
そして今もまとまっていない。

いろんなことが見えなくなったら、大切なことは原点回帰。
どんな迷路もスタート地点は一つだ。

よく分からないけど、このへんで。
[PR]
by touyokosennouta | 2007-05-06 20:38 | その他

格言

「武士道とは死ぬことと見つけたり」
にならって、
「社会人とはクビになることと見つけたり」
が昨日生まれた今年の目標。

別にクビになったわけじゃないよ。
自分の信念を貫き通してクビになるのなら本望だ、ということ。
上に逆らって、敵を作ってしまっても、それでも自分が正しいと思ったことは貫く。

今年のというか、生涯通しての目標だな。

というわけで、来週月曜から北海道に出張してきます。
冬の北海道は初めて。
最高気温が氷点下の世界ってどんなだろう?
[PR]
by touyokosennouta | 2007-01-14 02:44 | その他

社会人

になったら、大人になると思ってた。

もうちょっと前は、成人する頃には大人になってるだろうと思ってもいた。
でも何も変わってなかった。

で社会人になってみて。

やはり何も変わってない、気がする。
変わってない、と言うか少なくとも大人にはなっていない。

分からないことだらけ。
出来ないことだらけ。

高校まで受身の授業を受けてきて、大学に入ったら自分で学ばなきゃいけない、意味がない、そのギャップに対する焦り。
社会人になったら、何のために大学に行ったのか、何が出来るようになったのか、まるで分からない、そして小さい頃に描いてた、何でも出来る大人=社会人と現実の自分とのギャップに対する焦り。
まるで自分が子供であるかのように、でも子供ではない自分(There will be love thereみたいな文章だな、ちょっと違うか)の存在。

新芽でも美味しい果実でもない、そんな僕らには未熟と言う言葉が良く似合う。

草花が、芽が出始めたら伸びていくことの初心者、つぼみが出来たら花を咲かすことの初心者、実が出来たら熟させることの初心者であるように、小学校に入ったら幼稚園の年長組だったのが小学校の初心者になり、中学に入ったら小学六年生だったのが中学校の初心者になる。
社会人になったら、社会人の初心者になる。
今まで何かのトップにいたのに、気付いたら最下層になってしまう。
また一からやり直し。ただ0からやり直すわけではないのだけど。

そう考えていくと、もし父親になったとしても自分は大人ではありえないだろう。
父親としての初心者になる。何も分からず、何も出来ず。

でもそこから何らかの確たるものを築いていけるはずだ。
何らかの気付きを得ていけるはずだ。

重松清という作家の『流星ワゴン』の一文。

親父って、ほんと、大変だよね―――。


あぁ、きっとそうなんだろうな、と思う。なんとなくわかる。親になったって未熟なんだろう。


ここまで書いてきて分かったこと。
たぶん「大人としての自分」というのは存在しないのではないのだろうか。
小さい頃に、自分より幾つも年を重ねた人を見て、「この人たちは大人なんだな」と思ったのと同様に、小さい子がもっと年をとった僕を見て(ひょっとしたらもうそんなふうに思われているかもしれないけど)、「この人は大人だな」と思う、つまり誰かから見て、勝手に「この人は大人だな」と思うことでしか「大人としての自分」は存在できず、ここにいる僕という存在は決して大人ではありえないし、大人にはなりえないのではなかろうか。

だからどうしたというわけでもないが、幾つになったって迷うのも焦るのもあたりまえ。
それでいい、それがいい、と思う。


さてさて―――
下の写真は土曜日に行った、曼珠沙華(まんじゅしゃげ=彼岸花)祭り(埼玉の巾着田というところで9月終わりごろまで開催?)の近くにあったコスモス畑。
曼珠沙華関係ないけど。
ちなみにコスモスの花言葉は乙女の真心、曼珠沙華は悲しい思い出、だそうです。

e0032546_12455425.jpg
[PR]
by touyokosennouta | 2006-09-24 13:57 | その他
インドより無事(ではないけど)帰国しました。

インドは・・・うーむ、どう言えばいいのかな。頭の中で整理がつかないです。初海外だったので他の国とも比べられない。
一言で言えば、人と車と金と動物が共存している世界。いや、共存て言うとたぶん違うんだろうなぁ。まあどこを歩いてても人と車と金と動物がいて、それらがごった返してるわけです(犬とか牛とかヤギとか場所によっては猪とかがそこら辺を歩いてたり寝てたりします)。
特にすごいのが車で、日本のような交通規制がほとんどない。信号もほとんどない。もうそこらじゅうクラクションの嵐です。前を歩いていてもとりあえずクラクションを鳴らして平気で突っ込んできます。追い抜き追い越し何でもあり。対向車が来ていても平気で追い越しします。デリーとか都会の方に行くと、道が多少整備され、車線が引かれているんだけど、3車線のところを車の列が4列になったりします。とにかくこの国の車社会に譲り合いの精神は皆無だと思いました。おかげで渋滞はほとんどないのですが。ほんと、いつ事故に出くわすか冷や冷やもんでした。

そして日本人はなめられます。道行く人、露天のおじさん、オートリクシャー(3輪のタクシーみたいなの)の運転手など、とりあえず声をかけてきます。そして無視してもついてきます。で、高い値段でなんか買ってってよ、と吹っかけてきます。まあこういう値段交渉は楽しいんだけど。まあみんながみんな話しかけてくるので、うざいなぁとも思ってしまいます。
朝7時くらいの駅前でピンがギターを弾きだしたら、人がわんさか集まってきました。日本だったら苦情がくるし、変な目で見られるんだろうけど、この国では興味津々といった感じで人が集まります。こんな時間なのにね。てか暇人が多すぎだろ。
ほんと突っ込みどころ満載の国です。

ってまあ書き出すときりがないし、書ききれないことも多々あるので、飲み会とかでちょくちょく話していければいいなぁと思います。
ちなみに今日俺とつっちーが帰国しました。ピンは(ほんと、ピンの英語力には助けられました)3月頭くらいに帰国予定らしいです。ピンのブログでも随時インド情報が掲載されるかもしれません(たぶん全部英語だけど)。

ついでに何枚か写真を載せときます。

e0032546_180247.jpg

e0032546_181799.jpg

e0032546_1813752.jpg

[PR]
by touyokosennouta | 2006-02-11 18:27 | その他

india taizaiki

toiuwakede,indokrakakikondemasu.
nihongoutenainode,koredekanben.

indoha,hitogaooidesu.kurumamoooidesu.
oinuki,oikosi,nandemoarino,muhoutitaidesu.

onakanotyousimowaruidesu.

ekimaede,gita-wohikuto,hitogaatumattekimasu.

mendokusainode,modottekaratyantokakimasu.toriaezuikitekaerimasu.
dewadewa.
[PR]
by touyokosennouta | 2006-02-06 21:47 | その他

というわけで

卒論も無事に(?)終わりました。
とは言え提出したのが締め切りの3分前とかだったので、結構危険な状態ではあったんだけど。
まあ書きたいことは書けたと思います。たぶん読み返したらぐだぐだな文なんだろうけど、まあそれはそれ、結果より過程が大事派なので、書きながらいろんな発見ができたなぁと思います。
人生でこんだけ本を読んだことはないなってくらい本を読んだ一ヶ月だった気がします。

さて、明日からインドに行って来ます。
卒論のせいで、旅行のことなんて考える暇もなく、全然実感がなかったんだけど、ちょうど今準備を終えたらそれっぽい気持ちになってきました。

ということでしばらく音信不通になります。テレパシーは受け付けます。

ぴんがギターを持っていくそうなので、日本の歌を普及する&インドの音楽を覚えてくる、を目標に頑張りたいです。とりあえず音楽は国境を越えるのかを確かめたいです。

ではでは。
[PR]
by touyokosennouta | 2006-01-31 23:10 | その他

卒論日記2

あぁ、しんどい。
朝の6時50分だけど、いま起きたわけじゃなくて、ついさっきまで卒論書いてたわけです。
最近はそんな日々です。

今日は、ってもう昨日だけど、雪が降ったけどそんな雪も感じる暇もなく卒論です。たまに窓を開けてちょっと見たりはしたけど。

とりあえず自分の想定してる範囲の9分の2が終わりました。ほんとは9分の3くらい終わる予定だったんだけれども。予定なんてたいていそんなもんだ。やれやれ(ちなみに「やれやれ」という言葉は村上春樹の小説の主人公がよく使ってるイメージがあります。まあ仕方ないなという希望と絶望が入り混じったような言葉でかなり好きだけど日常会話ではあんまり使う機会ないなぁ、やれやれ)。

とりあえずあと9日(提出日を入れれば10日)あるので一日9分の1ずつ書いてけば終わる計算になります。それだけ書ければの話だけど。

とりあえず寝ようと思うけど、今ちっとも眠くないんだよね。
最近はそんな日々です。
[PR]
by touyokosennouta | 2006-01-22 07:08 | その他

卒論日記

終わらない・・・。終わるのか・・・。
この土日でどれだけ進めるかが勝負の鍵だ。
やりだすまでものすごく時間がかかるタイプ。やり始めればスイスイ進む、はずだ。

というわけで最近は眠気防止のためよくコーヒーを飲みます。ドリップパック(パックの上からお湯を注ぐタイプ)のがお気に入りです。なんとなく味わい深くなる気がします。

でちょっと思ったんだけど、なんか卒論の進行具合って就職が決まった順に比例してないかな?勝手な推測かつイメージだけど。
どうなんでしょ?
[PR]
by touyokosennouta | 2006-01-21 00:13 | その他

雪が降った

と思ったら降ってなかったみたい。

いや今日目覚めて(時計を見たら8時45分くらいだったと思う)、また今日も雨かなぁなんて思って窓を開けたら、雪が降ってました。部屋が一階なのでちゃんと地面に積もってる雪が見えたんだけど(1cmくらい積もってた)まあ気にせずに再び眠りについたわけです。

で次に目が覚めたとき、あ、雪はどうなったんだろと思い、窓を開けたらすっかり雨に変わっており、見事に溶けさってしまっていました。

でそのとき気付いたんだけど、まだ10月だったのです。10月に雪!?しかも東京で?ということでテレビや携帯でそれっぽい情報を調べようとしたんだけど雪が降ったなんてひとっことも載っておらず。

学校行って少しその話題を振ってみたけど、あっさり否定される。そりゃそうだけど。

あれは夢か幻か、はたまたアルコールのせいか。
真相は不明だが、今日雪を見たって人いたらコメントください。
いないか。

ちなみに今日見た夢はみんけんが大阪遠征する夢でした。なんか大阪の小学校へステージに行くんだけど、教室で小学生たちと話をしていてじゃんけんをするんだけど、俺はちょきをだすときに中指と薬指の間を開き(すなわち人差し指と中指を1セット、薬指と小指を1セットにしてそれをちょきに見立てて)、これが関東風のじゃんけんだとわけの分からんことを小学生相手に吹き込んでいました。夢の中でも相変わらずっぽいです。
[PR]
by touyokosennouta | 2005-10-18 23:37 | その他

免許証ゲットだぜ!

ということで免許証をゲットしました。

免許合宿で学んだことを忘れないうちに試験を受けなければということで昨日さっそく受けに行きました。
東京の品川区(たぶん)の鮫洲運転免許試験場ってとこで受けたんだけど、鮫洲駅に着くやいなや、おばちゃんに呼び止められて、気付いたら申請書を作らされてました。
「はいじゃあ700円ね。」
と何の説明もなく申請書が完成させられてました。
きっと試験場公認のお店なんだろうと思っていたら、そういったお店がズラーっとならんでいました。中には学科試験の問題集を呼び込みで売っているところまである始末。
金払って申請書作っちゃったけど、大丈夫なのか心配になりました。損したのかなぁと。大丈夫なのでしょうか?それは今でも分かりません。分かる人いたら教えてください。

いずれにせよ、この鮫洲ってとこは免許取得に特化した街づくりがされているようです。うちの特産品は免許証ですよとでもいわんばかりに。

試験は解釈の仕方によっては正しいとも間違っているとも言える問題がけっこう出て、イライラしたけど、合宿で受けて、不合格を喰らった問題よりかは簡単だった気がします。

発表は電光掲示板でされたんだけど、5人とか10人とかかなり飛び飛びで受験番号が並べられて、うわーけっこう落ちてる人いるんだな、やべぇと内心不安な面持ちで掲示板を見てたら自分の番号が表示されて一安心。

そんなこんなでついに免許証を手に入れました。
えらく顔色が悪くて、くちびるが肌と一緒の色で、しかも口が半開きな免許証を手に入れました。
うわー写真取り直してぇ。
[PR]
by touyokosennouta | 2005-09-28 14:47 | その他