鼻炎対策ブログ(仮)


by touyokosennouta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

14歳

最近mixiをはじめました。でもちょっと重い話題なのでこっちのブログで。

この間、『14歳』という映画を見ました。
簡単に物語を説明すると、14歳=中学生が様々な事件を起こし、教師がそれにどう向き合っていくか、というもの。
ただ、そこに存在する中学生がいかにも象徴的で、事件を起こすときは、己のこぶしではなく、彫刻刀やらカッターやらペンチやら何らかの道具を持っているということ、そして友達を友達と思っておらず、自分の世界に孤立していること、自分の敵はどんな手段を使っても排除しようとすることなどがあげられる。
大人も大人で、子供と上っ面でしか向き合っていない。
最後には、向き合う術を見いだすのだが・・・、というもの。

おそらく(根拠はない、というか根拠を調べるのがめんどいから調べてないだけだけど)、10年位前は14歳という年代はそれほど注目をあびていなかったのではないか。ドラマとかも若くても高校ぐらいを舞台にしたものが多く、中学生はきんぱちくらいだったのではなかろうか。
それが最近だと、少年犯罪の若年化が叫ばれるようになってか、『14才の母』とか『わたしたちの教科書』とか、中学生という不安定な時期のありかたを描いたドラマが増えているように思える(中学生が不安定というのも一般的に言われているけど、個人的には高校時代のほうが精神的に不安定だった気がするので、この言葉はあまり納得が出来ていないのだが)。

14歳は、あまりに無力で、表現の手段に乏しい。
14歳は、人との距離感が気になってくる。
14歳は、守られていることに抵抗と安心を感じる。

おそらくそんな年。
10年前の自分ってそんなだったようなそうでもないような。

学教の人とかに見てもらいたいような、見てもらいたくないような、そんな映画。

結局大人に出来るのは、そしてしなきゃいけないのは、
彼らの怒りややるせなさをもっと別の表現方法に向かわせることだと思うのだけどどうでしょう。

どうでしょうと言われても、うまくいかない世界。
[PR]
by touyokosennouta | 2007-06-21 23:56 | 映画