鼻炎対策ブログ(仮)


by touyokosennouta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

返事がないのが良い便り

と言う言葉があるように、ブログを更新しないこともまた、日々が充実している証拠でしょう。
といいつつ、ただただもがく日々。ちっとも前に進めていない。道が開けてこない。

秋山仁という数学者の言葉、
「努力は報われず、正義は滅びる。されど挑戦の日々」
理系時代の頃の僕はこの言葉に感銘を受けた。高校の進路資料室に掲げてあった言葉。でもそのときはただなんとなくかっこいいなと思ってただけ。
そういえば、横国のマルチの試験(総合問題)の対策を何やっていいか分からず、この人の数学の問題集解いてたっけな。

今の自分に置き換えると、努力は報われてない気もするし、自分の中の正義は曲がりつつ、社会的正義が蔓延しているなと思う。
されど挑戦の日々だ。自分が正しいのか、社会が正しいのか、答えは分からない。いや答えは分かっている。自分の正しさを主張するのではなく、自分を信じ続けること。それが挑戦の日々。

とりあえず、これが日本の誇りだ!?
e0032546_10431594.jpg

[PR]
# by touyokosennouta | 2007-09-24 10:47

14歳

最近mixiをはじめました。でもちょっと重い話題なのでこっちのブログで。

この間、『14歳』という映画を見ました。
簡単に物語を説明すると、14歳=中学生が様々な事件を起こし、教師がそれにどう向き合っていくか、というもの。
ただ、そこに存在する中学生がいかにも象徴的で、事件を起こすときは、己のこぶしではなく、彫刻刀やらカッターやらペンチやら何らかの道具を持っているということ、そして友達を友達と思っておらず、自分の世界に孤立していること、自分の敵はどんな手段を使っても排除しようとすることなどがあげられる。
大人も大人で、子供と上っ面でしか向き合っていない。
最後には、向き合う術を見いだすのだが・・・、というもの。

おそらく(根拠はない、というか根拠を調べるのがめんどいから調べてないだけだけど)、10年位前は14歳という年代はそれほど注目をあびていなかったのではないか。ドラマとかも若くても高校ぐらいを舞台にしたものが多く、中学生はきんぱちくらいだったのではなかろうか。
それが最近だと、少年犯罪の若年化が叫ばれるようになってか、『14才の母』とか『わたしたちの教科書』とか、中学生という不安定な時期のありかたを描いたドラマが増えているように思える(中学生が不安定というのも一般的に言われているけど、個人的には高校時代のほうが精神的に不安定だった気がするので、この言葉はあまり納得が出来ていないのだが)。

14歳は、あまりに無力で、表現の手段に乏しい。
14歳は、人との距離感が気になってくる。
14歳は、守られていることに抵抗と安心を感じる。

おそらくそんな年。
10年前の自分ってそんなだったようなそうでもないような。

学教の人とかに見てもらいたいような、見てもらいたくないような、そんな映画。

結局大人に出来るのは、そしてしなきゃいけないのは、
彼らの怒りややるせなさをもっと別の表現方法に向かわせることだと思うのだけどどうでしょう。

どうでしょうと言われても、うまくいかない世界。
[PR]
# by touyokosennouta | 2007-06-21 23:56 | 映画

変化と不変と

そうとう久々にブログ更新。

最近無気力症候群です。
このへんが不変。大学入学以後年に一回は無気力状態に陥る時期がある。なぜか五月が多い。どうやって気持ちをあげてこうか、思案中。でもそうやって考えることすら億劫だったりする。

本日携帯変えました。
このへんが変化。ついにJ-PHONEの時代が幕を閉じ、SoftBankへ。ちょっとした飛び級です。

ブログの発信=想いの発信?

伝えることの取捨選択。それが難しい。
働くと、人に伝えなきゃならないことが増える。
今日あったできごと。今日聞いた話。今日思ったこと。その他もろもろ。
でも全てを伝える暇はないし、自信もない。
大事なことの取捨選択。それは難しい。

色々うまくまとまらず、何かに焦る。
何に焦っているのか、たぶん分かっていて、たぶん分かってない。

ブログの発信=想いの発信であるならば、発信したいことがまとまっていなかっただけ。
そして今もまとまっていない。

いろんなことが見えなくなったら、大切なことは原点回帰。
どんな迷路もスタート地点は一つだ。

よく分からないけど、このへんで。
[PR]
# by touyokosennouta | 2007-05-06 20:38 | その他

彩り

またまた北海道出張に行ってきました。
今年になって三回目。ちょっとした札幌マニアです。
札幌駅付近の土地勘はだいぶついてきた気がします。
ただ北海道は暖冬とは言え寒いので、体内発熱に体力を使ってるみたいで
やたら疲れます。

今回は北海道の学生(就活生)と接する機会がありました。
で、びっくりしたのが、北海道の学生は挨拶が出来る!
さらに表情が豊か!!

それに比べ関東だと挨拶をする学生がほとんどいません。

これはうちの会社主催の就活イベントで感じたことですが、
北海道のほとんどの学生は帰るときに笑顔で
「ありがとうございました!」といってくれるのですが、
関東のイベントではそんなふうな学生が少ししかいないのです。

採用担当の方からしたら間違いなく挨拶が出来る学生の方を
好みます。
ということで頑張れ関東の就活生!

とは言え、札幌というのは奇妙な街です。
それだけで完結してしまっているような街。
地元志向の強い学生が多いのも分かる気がします。


さて、ミスチルのオフィシャルホームページで、
「彩り」という曲の試聴とミュージックビデオをちょこっと見ることが出来ます。

僕のした単純作業が この世界を回りまわって
まだ出会ったこともない人の 笑い声をつくっていく


サビに単純作業なんて言葉を入れてしまうあたりがすごいと
思うけど、やはりこの曲はap bank fes'06を思い出すなぁ。

メロディのあったかさももちろんあるけど、
フェスの初日ということで、これだけのお客さんの前で
この曲を演奏するのは初めてだったのでしょう、
桜井さんのちょっとした照れみたいなのが
曲に乗って伝わってきて、
聴いてる側も初対面する照れみたいなのがあって、
それが会場を包んでいて、なんとも言えない雰囲気になったのが
すごくいいなって感じました。
それが意図してないことかもしれないけど、
歌を通して想いが伝わり、それをみんなで味わえるという、
なんとも普及的な瞬間でした。

早くアルバム聴きたいなぁ。
[PR]
# by touyokosennouta | 2007-02-21 02:45 | 音楽
e0032546_21315661.jpg
苫小牧駅

e0032546_21321388.jpg
テレビ塔

e0032546_21322446.jpg
分かりづらいけど、雪が舞ってます。晴れてるのにね。

ということで北海道の出張に行ってきました。
さむーい!というほどは寒くはなく、行く先々で今年は暖かいよと言われました。
とは言え、暖かい室内と0℃前後の外を頻繁に出入りしていたので、俺の鼻炎っ鼻は温度変化にやられ、くしゃみが止まりませんでした。

すすきのの某有名ラーメン屋はそこまで衝撃的な味ではなかった。けっこう並んだわりにはちょっとがっかり。
でもスープカレーとサッポロのプレミアムビールは美味かった!

もちろんちゃんと仕事をしてきましたよと言い訳しつつ、気付いた点を。
北海道の人(特に若い人)って電車やバスで優先席にほぼ100%座らないんですよね。だからどんなに車内が混んでても、お年寄りがいない場合、絶対に空席が生じている。これは偉い、と思った反面、あまりに車内が混みすぎているときは、お年寄りが優先席にたどり着けなかったりするのでスペースを作る意味でも誰か座ってほしいと内心思ってました。
あと、関東以北になればなるほど、電車の座席の一人あたりで占有するスペースが広いと感じる心狭き東京人です。なんか群馬より北の方は自分の隣にかばんを置いたり大股を開いたり、7人掛けの座席を4人くらいで座っている印象を受けます。別に車内が空いてるってわけじゃなくね。もちろん北海道も例外ではなく。

そういうのって文化としてあるのかなぁ。

やっぱたまの出張はいいですね。でも仕事が溜まりまくってる(涙)
[PR]
# by touyokosennouta | 2007-01-20 22:00 |

格言

「武士道とは死ぬことと見つけたり」
にならって、
「社会人とはクビになることと見つけたり」
が昨日生まれた今年の目標。

別にクビになったわけじゃないよ。
自分の信念を貫き通してクビになるのなら本望だ、ということ。
上に逆らって、敵を作ってしまっても、それでも自分が正しいと思ったことは貫く。

今年のというか、生涯通しての目標だな。

というわけで、来週月曜から北海道に出張してきます。
冬の北海道は初めて。
最高気温が氷点下の世界ってどんなだろう?
[PR]
# by touyokosennouta | 2007-01-14 02:44 | その他

終わった終わった

やっとこさ仕事が納まりました。

慣れない社会人ということもあり、かつ今年はほとんど休みなく(とは言え適当に息抜きしつつ)働き続けたので、長いようでほんとに長かった一年だなと感じてます。
卒論書いて、インド旅行に行った2006年の始まりが、もう5年も10年も前のことのように思えます。
いろんなことがあって、いろんなことで思い悩んで、いろんな人に助けられて、いろんな理不尽な思いをして、まぁ思い出そうとしてもうまく思い出せないし、振り返るのもめんどっちいので、とりあえずこのもやもやは放置しておこう。

まぁ特に書くこともないのだが、最近(てか昨日から)ミスチルのQというアルバムが急に聴きたくなって聴きだしました。
で、聴いてて思ったんだけど、このアルバムって冬の曲とか冬っぽい曲が多いよね。
「つよがり」とか「12月のセントラルパークブルース」とか「ロードムービー」とか「口笛」とか「安らげる場所」とか。別に冬にまつわる歌詞とか出てこなくてもメロディの感じがなんとなく冬っぽい気がします。あくまでも主観だけど。だから聴きたくなったのかもしれない。
ミスチルのアルバムの中では一番ふざけているような、前衛的な感じのアルバムだけど改めて聴くと名曲多いなって感じます。
着かず離れずが恋の術でも傍にいたいのよ ―――つよがり
とか
そしてどんな場面も二人で笑いながら ―――口笛
とか聴きながらホロッときてしまいました。
言葉(歌詞)の比重が大きい音楽がpopだとしても、桜井さんの歌詞はメロディがあるからこそこんなに心に染み入ってくるんだなと改めて実感。
言葉と音がお互いを補完しあっている。あなたにとって私もそうでありたい、とうまく(?)締めくくりつつ、今年もお疲れ様でした。
[PR]
# by touyokosennouta | 2006-12-30 01:26 | お仕事
働くってどういうことだろう?

働くことと働かないことはどう違うだろうか?
働く理由は人それぞれだと思う。お金を稼ぐため、いい生活をしたいがため、やりたいことをするため、良い地位を得たいがため、などなど。
社会貢献のため、なんてのもある。

就活している時や、社会人なりたての頃は働くこと=社会貢献てのがピンと来なかった。
一体自分は何をやってるんだろう?社会の役に立つことなんて一つもしてやいないじゃないかと。

でも最近こう考えるようになった。

はたらくことは与えること。はたらかないことは与えられること、と。

例えば自動販売機があったとする。
そこには飲み物そのものを作る人、缶を作る人、その飲み物入りの缶を運ぶ人、自動販売機そのものを作る人、(他にもいると思うが)が存在して初めて自動販売機が自動販売機として成り立ち、また僕らが飲み物を飲むことが出来る。
つまり飲み物や缶、自販機を世の中に与える人がいて、初めて我々はそれを享受することが出来る。
有形無形問わず、サービスやコンサルティングなども同じことが言える。
音楽だって漫画だってそう。一リスナー、一読者で終わらず、じゃあ自分で良い音楽を、また、面白い漫画を世の中に提供しよう、これだって与えることだ。

働くこと=お金を稼ぐことと言ってしまえばそれまでだが、与えることと考えるとすごいことをしている気になれる。いや実際すごいことをしていると思う。
今までただの一消費者でしかなかった自分が人に対して何かを与えられるようになったのだから。
それはけして悪いことじゃないな、と思えるようになった。
そしてそれが社会貢献なんだろうなと思う。
働くことで経済を活性化しているから社会貢献しているんだと思うことも出来るけど、個人的にそんなことはどうでもよくて、お節介かもしれないけど誰かに何かを与えることで社会貢献していること、そしてそれに喜びを感じられる人間でいようと思った今日この頃。

最近はちょっと前向き志向です。

いろんな人が力を合わせて僕に与えてくれたミスチルのCDを聴きながらこの記事を書いてます。

見つからなかった探し物はポケットに入ってました。と
幸せなんかおそらくそんな感じでしょ!?って
君の声は教えてくれる

カップリングも良い曲です。
カラオケ行きたいなぁ。
[PR]
# by touyokosennouta | 2006-11-15 00:39 | お仕事

日本の中の「日本」

10月21日、22日の二日間で信州上高地の旅に出かけました。

宿は出発当日の早朝に予約すると言う、かなりあわただしい旅の始まりになってしまいましたが、自然を思いっきり満喫した良い旅でした。

一日目、宿のある乗鞍高原に到着。松本駅から松本電鉄で新島々駅に行き、そこからバスで約一時間。山の上のその場所は、考えていたよりも(というよりも何も考えてなかったのだが)ずっと涼しく、そして黄や赤に葉を染めた無数の木々たちが迎えてくれた。
そして夜には空気が澄んでいることを裏付けるような、満天の星。目が夜の暗さに慣れてくると、そこに浮かび上がるはなんと天の川。ため息が出るほど(ほんとに出た)きれいな星空でした。

二日目はバスで上高地に移動。朝九時半ごろ到着して、気温は7℃。かなり寒かった。
梓川という川沿いの道に沿って歩く。幸い、山の中ではあるけれど、上り下りといった高低差がほとんどなく、ほぼ平坦な道なので、ゆったりと景色を眺めながら歩くことが出来る。
そこに広がっているのは呆れるほどの紅葉と川底の様子がくっきりと浮かび上がる澄んだ水が注がれる川。近くの木々たち、そして遠くの山々が澄んだ水面に反射して、上下さかさまの世界が瞳に映し出される。そして鴨や猿、岩魚といった動物たち。

あぁ、これが日本なんだな、と思った。
日々の僕の生活圏にある、コンクリートで覆われた道、満員電車、ビルだらけの街、ネオンや看板の人工的な色など、カラフルなのにどこか殺風景な世界。でもそれは日本の国土のほんの数パーセントの場所に過ぎず、そうした場所をちょっと離れれば、そんな生活圏からは全く想像もできないような景色が広がっている。空気の味さえ変わってくる。
日本人は自然を畏れ敬い、西洋人は自然を支配した。『国家の品格』と言う本にたしかそんなことが書かれていたが、僕も色を変えた物言わぬ木々たちを見て、ある種の恐ろしさとともに、尊敬の念を抱くことが出来た。
誰かから支配されようとも、それでも生き続ける強さと、そして誰のためでもなくそこにあり続ける孤独と。
一個前の記事で、人生のモットーについて書いたが、僕の人生のモットーは「抗わず、従わず、生きたいように生きる」だなと最近勝手に決めたのだが、この旅で出会った自然たちはまさにそれを実践していた。何かあったら自然に帰って自分を見つめなおそう、そうしよう。

自分の中の「日本」、そして日本の中の「日本」再発見!この旅はまさにそんな旅だったと思う。

e0032546_23472092.jpg
e0032546_2347385.jpg
e0032546_23475996.jpg
e0032546_23481124.jpg
e0032546_23482498.jpg

[PR]
# by touyokosennouta | 2006-10-23 00:50 |
村上春樹『アフターダーク』の登場人物の人生のモットー。

「僕の人生のモットーだ。ゆっくり歩け、たくさん水を飲め」

読んでて思わず吹き出してしまった。自己紹介とかでこんなことを言う人がいたら一発で好きになれそうなセリフだ。

“ゆっくり歩け、たくさん水を飲め”とgoogleで検索すると、約750件ヒットする。
約750人の人がこの言葉に興味があるようだ。でもって、この記事を投稿した後、誰かが“ゆっくり歩け、たくさん水を飲め”と検索したらこのブログが見つかってしまうのか。何か複雑な気分だな。

まあそれはさておき、“何かがこちら側にしるしを送ろうとしている。そういうたしかな印象を受ける。”というような感じで締めくくられる。

そう、しるしだ。

ということでミスチルの新曲「しるし」をミュージックステーションで聴いた。録画したものだけど。

久しぶりに耳から離れない曲を聴いた気がする。いい曲だぁ。
バラードだけどシャウトしたりね。

“心の声は君に届くのかな?沈黙の歌に乗って・・・”

秋の夜長にぴったりの浸れる曲です。
[PR]
# by touyokosennouta | 2006-10-14 23:16 | 音楽